1人1社制

就職活動のルールや禁止事項を紹介します。

この記事を読む

一定の期間は1社しか応募できない

高校生の就職活動における独特のルールです。
解禁日(7月1日)から一定時期の間まで、1人の高校生は1社しか応募することができないことになっています。ただし、その会社で採用されなかった場合は次の会社に応募することができます。
また例外として、都道府県によっては複数応募可能としている場合もあるので確認しましょう。


一定期間を過ぎれば複数応募も可能

一定の期間を過ぎれば、複数の企業に応募することはできます。この期間については、各都道府県ごとで、労働局、教育委員会、経済団体が毎年話し合いで詳細を決めているため、地域によって異なります。


なぜそうしているのか?

これらのルールは、高校生の勉学を優先させるためです。
高校生は授業や学校の生活をしながら就職活動をするため、1度に多数の企業へ応募すると、就職活動に追われて高校生活が成り立たなくなってしまうので、この制度が取り入れられているのです。


高卒就職ナビ運営事務局



高卒就職ナビTwitterアカウント

PREV TOPIC

面接での良い視覚(見た目)とは?

NEXT TOPIC

企業との直接のやり取りは禁止

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3


Array ( )
Array ( [Kousotsu] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )