面接のポイント-質疑応答~退出-

質問に対しては内容も大事ですが、しっかりと元気な声で答えることが一番大切です。

この記事を読む

面接官の目を見て質問をしっかり聞くこと

面接官の話を目を見てしっかり聞くことが大切です。
そんなに難しい質問は無く、履歴書の内容を聞かれたり、普段の自分のことを聞かれたりとオーソドックスな質問が多いでしょう。


よくある質問とは?

・簡単に自己PRをしてください
・あなたの学校を紹介してください
・貴方の自慢できるところを教えてください
・ここは気をつけたい、直したいところはありますか
・得意な科目を教えてください
・高校時代に力を入れてきたことは何ですか
・当社を応募した理由は何ですか
・何か夢か目標をもっていますか
などです。


質問を想定して準備しておくこと

上に書いたような質問への回答をきちんと考えてまとめておくと、面接で焦らずに済みます。面接での答えには具体的な体験談や理由があればより良いです。
自分の長所や短所などは友人や両親、先生など身近な人に聞くのが一番です。
応募理由はそれぞれの職種に合わせた回答が一番効果的でしょう。例えば接客業ならば「人と接することが好きで、人見知りもせずにすぐに打ち解ける性格なので・・・」 「人に親切にしたときのありがとうという言葉が大好きなので・・」などです。


退室する時はお礼の挨拶

退室する時は「本日は面接ありがとうございました」とお礼の挨拶とおじぎをします。
質疑応答が終わりホッとしているところだと思いますが、その会社を出るまで気を抜かないようにしましょう。


高卒就職ナビ運営事務局



高卒就職ナビTwitterアカウント

PREV TOPIC

履歴書の書き方

NEXT TOPIC

面接のポイント-入室~着席-

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3


Array ( )
Array ( [Kousotsu] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )